2016-2017年度 会長挨拶

上尾ロータリークラブ会長 関口 和夫

2016-2017年度
上尾ロータリークラブ会長

久保田 勲

 歴史と伝統のある上尾ロータリークラブの第54代会長という重責を痛感しております。
 2016-2017年度 ジョン F.ジャーム国際ロータリー会長は『人類に奉仕するロータリー』“ROTARY SERVING HUMANITY”をRIのテーマに掲げ、第2770地区 浅水尚伸ガバナーは、地区運営方針として「楽しいロータリークラブを作り上げよう」と掲げており、方針の下会長職を務めたいと思います。
 また、本年度の活動目標を、(1)財団100周年記念事業の促進と財団への寄付増進(2)ポリオ撲滅の達成(3)会員増強(40歳未満の会員、女性会員)と会員維持率100%を達成(4)青少年奉仕部門事業への積極的な参加(RYLA、インターアクト、ローターアクト)(5)RI会長賞への挑戦です。
 今年度は55周年に向けて、クラブの現状を見つめなおし、絆で結ばれた夢を語れるクラブ作りの為に精一杯活動に取り組んでいきたいと考えております。

ロータリークラブとは

ロータリークラブとは

ロータリークラブは1905年2月、シカゴの地で青年弁護士ポール・ハリスと友人3名のもと誕生しました。
以来100年を超え、志を同じくするクラブが各国に生まれ、今では200以上の国と地域にクラブ数33,855、会員数122万人を超える 実業人や専門職業人が集まり、職業倫理を重んじ、世界各地で幅広い奉仕活動を行っております。

上尾ロータリークラブの奉仕活動

上尾ロータリークラブの奉仕活動

ロータリーの奉仕活動はクラブ奉仕、社会奉仕、国際奉仕、職業奉仕、青少年奉仕の五大奉仕部門に分類されます。
上尾ロータリークラブでは社会奉仕活動の一環として献血活動や障害者作品展示即売会を毎年開催しております。
また、国際奉仕及び青少年奉仕として交換留学生の派遣・受入や奨学金制度を活用した奨学生の派遣・受入を行っております。

上尾ロータリークラブの例会

上尾ロータリークラブの例会

上尾ロータリークラブの例会は毎週木曜日午後12時半から1時半まで、上尾駅東口、東武バンケットホール上尾にて開催しております。
例会内ではクラブの活動報告や連絡事項の伝達。そして「卓話」という会員や有識者による講演を行います。
日本のロータリーの創立者の一人、米山梅吉氏は「ロータリーの例会は人生の道場である」と申しており、 会員の自己研鑚及び交流親睦の場となっております。

2016-2017年度国際ロータリーテーマ「人類に奉仕するロータリー」

国際ロータリークラブ

国際ロータリー第2770地区

上尾ロータリークラブfacebook